テクニカル分析のメリット・デメリット




「テクニカル分析」というワードをご存知でしょうか。これは、今までの相場などの動きを色々な方法で分析することで、今後の相場の動きを読んで株や投資売買の判断をしていく分析手法のことをいいます。


分析の際に使われる「テクニカル指標」というものは、次の2つです。㈰長期間にわたる相場変動をもとにその方向性を見極めるトレンド系と、㈪RSIやサイコロジカルライン、ストキャスティクスのように買われすぎ売られすぎを計るオシレーター系です。

vefs簡単にテクニカル分析のメリット・デメリットについてあげてみます。まず、メリットは自分でルールを作ればそれに則って、通貨に関係なく取引をする場合に全ての通貨に同じルールを適用できる点です。一方で、ファンダメンタルズ分析の場合は、対象通貨によって、その通貨が流通する国のデータをいちいち分析する手間がかかります。デメリットとしては、突発的な相場変動を予見しにくい点が挙げられます。

基本のロウソク足(キャンドルスティック)

ロウソク足は別名・キャンドルスティックとも呼ばれ、テクニカル分析を行う中で最も基本的なものです。ロウソク足は「始値」「高値」「安値」「終値」の4つ値で表示され、「実体」で「始値」「終値」を表し、「ヒゲ」で「安値」「高値」を表せるようになっています。これによって、一目で値の上昇・下落を判断できるのです。ロウソク足には様々な形状があり、その形状をもとに相場の転換や、勢い読み取る分析の仕方があります。しかし、全部覚えようとすると非常に大変です。が、一方でこれを頭に入れておくことで相場の変動などの見方のコツを掴めるので役立ちます。そのため、ご自身が相場取引をされる中で頻出の形状に重きを置いて頭に入れるようにすると良いのではないでしょうか。

補足になりますが、ロウソク足(キャンドルスティック)というのは実は日本で考え出されました。BOでもロウソク足と同じようなバーチャートが生み出されましたが、ビジュアルの分かりやすさはロウソク足の方が勝っていたらしく、海外においてもロウソク足はよく利用されているのです。

トレンドについて

トレンドというとファッションなどの「流行」という意味を持ちますが、取引をする上での「トレンド」は株価の長期的な変動、つまり通貨の流れを意味します。トレンドには2種類あり、相場がどんどん上がっていく状態を「上昇トレンド」といい、相場が落ちている状態を「下降トレンド」といいます。もう少し具体的に申し上げますと、安値と高値共にあがっていくのが上昇トレンド、安値と高値共に下がっていくのが下降トレンドですね。また、移動平均線と呼ばれるトレンド系のテクニカル指標を用いることで判断するやり方も存在します。為替市場においては特に「トレンドができやすい」と言われているので、FXをやる上でトレンドを掴んでおくことはかなり重要です。トレンドを知った上で、自動売買を行うのも手です。この場合は、MetaTraderを取り扱っている業者を利用する必要があります。