投資テクニックの一つとしての「損切り」




FXにおいて、「損切り」をするにはやはり覚悟が要ります。損が出ることが分かりきった上で、株を売却し損失を確定させなければならないからです。筆者自身も株をやるようになった最初の頃は「損切り」をする覚悟がなかなか決まらず、引っ張っていた時期もありました。しかし、株取引・投資をしているのであれば、勝ち続けることは難しく、負ける時があるというのも頭の片隅に置いておかねばなりません。例え勝ち続けて今現在まで負け無しだというひとがいたとしても、それは極端なレアケースであり、彼もしくは彼女のやり方で株や投資をしたところで、同じように負けずに勝ち続ける可能性は皆無なのです。時が経って、あとあとからそれに気がついた時に、「損切り」の必要性・重要性に気付かされました。

rwreff「必ず儲かる」や「負けない方法」といった情報を購入され、手に入れられるのは個々の判断で行うものですし、売る側も彼ら個々の判断で行っているのでしょう。しかし、そうした情報が「正しく」存在するならば、リスクをとって相場を仕掛ける人なんていないはずです。伝え聞いた話によると、スーパーコンピューターによって分析をしたとしても、株・投資で負け無しの全勝というのはありえないという結果示されているほどです。

わき道にそれましたが、全て勝てるという可能性が皆無なのであれば、考え方を変えてみましょう。つまり、負け方によってその中で、どん底まで落ちるか、踏みとどまれるかの岐路であると考えるのです。所詮、負けは負け。落ちても踏みとどまってもそんなに違いはないだろうと思われる方もいるかもしれませんね。しかしながら、負け、つまり損失がどんどん大きくなり、やがて八方ふさがりになってから、最終手段のカードとして「損切り」を選ぶのと、前もって自分の中で基準やデッドラインを設定しておき、そこに達したら迷いなく「損切り」を選択するのとでは、次回の投資へのやる気も違ってくるでしょう。念のため申し上げておきますが、当たり前ながら、最初に述べた方がどん底まで落ちるタイプですね。

全ての物事において「負け」や「失敗」から学ぶことは多々ありますよね。少し視点を変えてみてください。「損切り」をすることはただ負けることではありません。次回の株・投資取引に向けてのプロセスの一部分にすぎないのです。「損切り」を前に進むためのステップだと捉えるとどうでしょう。消極的にみてしまっていたものが少し前向きなものに捉えることができるようになりませんか。考えてみてください。一番最悪な状況は資金が底をつくことです。資金が無くなってしまうと、株・投資取引自体ができなくなってしまいますよね。

では、次に先に述べた「損切り」のデッドライン・目安の決め方についてお話します。が、その前に。この決め方はランキング化する際の筆者自身の個人的な考えです。したがって、この方法を取ることが正解であるというものではありません。なので、数ある方法のひとつにこんなものもあるのかというスタンスで読んで頂ければと思います。

では、早速。目安の区切り方は主要なものが次の二つあります。1)金額を基準にする、2)レートを基準にするです。

1)については、具体的な金額を決めて、その額に達したら損切りをするやり方です。

その目安としては、預け入れ額のおおよそ1割に達すれば損切りをする、と決めれば良いかと思います。2)はレートにデッドラインを置くやり方です。筆者の場合はほとんどこちらの方法を採用して損切りをするか否かを決めるようにしています。この場合は、チャートを見ることと、「テクニカル分析」の基本ができる必要があります。